壊れた自動巻腕時計を時計買取へ

置いておくだけで時計が動くわけではありません

使わない自動巻腕時計は中のローターが回転しない止まるので時計買取に

自動巻腕時計という名前を聞くと、自動的にゼンマイを巻いてくれるものだと思っている人もいるかもしれませんが、そのようなことはなく身につけずに置いておくとゼンマイが巻かれないので、その内に止まってしまうことになります。

自動巻腕時計は身につけておくことで、自然と腕が振られた時に中のローターが振り子の原理で動くことによって、ゼンマイが巻かれることになります。 しかし、身につけていなければ中のローターが回転しないことになるので、ゼンマイが巻かれずに最終的には止まることになってしまうのです。

それではなぜこのような時計を自動巻腕時計と呼ぶのかといえば、以前までは装着者が自らゼンマイを巻いて時計を動かしていたのですが、それを巻く必要がなく身につけているだけで自動で行ってくれるため、自動巻腕時計と呼ばれるようになったのです。 つまり使わなくても巻き続けてくれるわけではないため、そのままにしておくと止まることになってしまうのです。

そして、ここで問題なのが機械というのはある程度動かしている状態が、一番動作環境として最適であるため、あまり使わずにそのままにしておくというのは機械にとってもいいものではありません。 特に時計のように歯車で動いている機械というのは、動くことで潤滑油が全体に行き渡りスムーズな動作を保つことができているので、長期間放置していると潤滑油が凝固してしまい、時計のオーバーホールが必要となってしまうことがあります。

このような自動巻腕時計というのは価値の高いものも多いので、あまり使わずに放置して駄目にしてしまうよりも時計買取に出してみてはいかがでしょうか。

時計買取に出せば使わない価値のある時計をお金に換えることができますし、また本当に欲しいと思っている人の手元に渡るため、時計を大事に使ってもらうことができます。 価値の高い時計を時計買取に出すのは勿体無いという気持ちを持つこともあるでしょうが、使わずに時計としての機能が低下してしまう方がよほど勿体ないことですから、そのように考えた場合時計買取に出すのは時計にとっても一番良い活用法ともいえるのです。

時計買取を利用する際の注意点として、価値の高い時計ほど店によっても買取金額の差が生まれやすいものですから、いくつかの店に査定をしてもらって、その中で一番高く買取をしてくれる店を選んで買取をしてもらうということが、安く買取をされてしまわないためにも重要なこととなります。

Copyright(C)2014 壊れた自動巻腕時計を時計買取へ All Rights Reserved.